なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

ピップ

男性 - 茨城県 (1941年生まれ)

最近、ラーメンに目覚めました。昔、SNSで面白日記を書いていた影響が最近、色濃く出てきました。少し、クスッと笑えるレビュー...そんなレビューがあってもいいのではないでしょうか?ちなみに髪の毛はフッサフサです。宜しくお願い致します。

平均点 82.956点
最終レビュー日 2019年10月9日
2,357 1,152 0 31,572
レビュー 店舗 スキ いいね

「豚肉と豆乳の茸入り九州ラーメン+マグロ丼 1436円」@はるみの写真想像以上に茸の旨味がタップリで、マロクリーミーな豆乳豚骨スープが美味しい一杯だった~!が...の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12515783892.html

8月下旬の夜に訪問。先客4名、後客6名。
 
前回の来店は2年前ですが、
好印象だったこちらへ。
空いている席へどうぞとご案内。
お冷やと紙お絞りが到着。

ラーメンはつけ麺5種類、油麺、
汁有りはこちらのみ。
以前はアサリ系の限定ラーメンだったかな..
その他に刺身、焼き物、揚げ物、
ツマミ類など豊富なメニュー。

ピザにワインも楽しめるみたい。
お酒のボトルも多数です。
麺類に併せたセットメニューも豊富。
口頭でこちらをお願い。
店内は女性2名、厨房は男性2名の体制かな。
 
少しして、お盆に載せられての着ラー。
それではスープから。
油脂のコクに適度な塩気、
茸の香りと旨味が漂いつつ、
豆乳豚骨のマロクリーミーなコクが伸びていきます。
思ったより、茸の旨味が感じられます。
そして、茸は意外に豚骨にも合いますね。
サラッとライトな豚骨ですが、
豆乳によるコクが少し洋風に感じさせます。
なかなか美味しいスープです。
 
次に麺を。
麺は多加水の中太ストレート麺。
吸い付くようにスープを拾い、
適度弾力のプリモチ食感。
頭には低加水の極細ストレート麺が
思い浮かびますが、相性はまずまず。
麺量は体感150g程度。
 
具は揚げ刻み肉、茸3種、紅生姜、
白髪ネギ、青ネギ、白ゴマです。
細かく刻んだお肉を
油で揚げたようなのが大量に浮かびます。
衣がスープを吸ってジュワッと。
衣が大きくてお肉が小さいので、
脂身を食べているような錯覚も少し。

茸はシメジ、マイタケ、エノキの3種類。
茸の具材量は多くないのに、
それ以上にスープからは
茸が感じられるのが不思議です。
特にエノキのシャキシャキ食感が印象的。

紅生姜はスープを飲んでいる時から相性が良さそう。
でも、ライトな豚骨なので、
一気に食べ過ぎると紅生姜が強すぎです。
ネギ類はシャキシャキで合います。
 
マグロ丼の味わいは普通。
スーパーで半額になった刺身を
ご飯に載せても同様と思える味わい。
他に小鉢に入った漬け物も有り。
 
あっという間に完食。
夜なのにお腹一杯に食べ過ぎました。
ラーメンは税込みの単品で950円..
+486円のマグロ丼を併せて、1436円也。
ちょっとお高いです。

店名のはるみ...
会計を担当された、山村紅葉に目元が
似ている女将さんがそうなのでしょうか。
もうすぐ閉店時間でしたが、
結構な来客があり人気でした。
今度はお得感のあるつけ麺とのセットかな。
採点は税別価格-1。
ご馳走様でし

投稿 | コメント (3) | このお店へのレビュー: 2件

「【1日限定15食】岩のりみぞれらぁめん 850円」@旭川らぁめん としまるの写真疲れた体に染み入る、美味しい一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12514299979.html

8月下旬の夜に訪問。
先客2名、後客0名。

水曜日はフレックスで仕事を
早めに切り上げてトレーニングを。
トレーニング後は疲労困憊しつつ、お腹もペコペコ。
よって久し振りにこちらへ。
涼しくなり、味噌などの暖かいラーメンも
恋しくなってきたところ。

明るくて綺麗な店内。
お好きな席へどうぞとご案内。
出身店の「ひでまる」で食べて美味しかった、
カレーらぁめんも気になります。
でも、嗜好的に食べたかったこちらを口頭でお願い。
どこかで見掛けたメニュー名であり、お味も想像できます。
店内は男性店主さん、女性店員さんの体制。
口頭で促されたセルフのお冷やで喉を潤します。

少しして、着ラ-。
それではスープから。
スープと一体感の有る油脂のコクに
適度な塩気、潮な魚介が感じられて
程好く濃厚な白湯スープが伸びていきます。
おっ、これは美味しい♪
潮な魚介がいい働きです。
岩のりが影響しているような感じではなく。
動物系は豚骨でしょうか。
いきなりレンゲが止まらんです。
そう言えば、3日間もラーメンを食べてないし、
汗を掻いた後なので体が求めているのかも。
ラーメンを美味しく食べるには、
コンデショニングが重要です。

次に麺を。
麺は低加水の細縮れ麺。
適度にスープを持ち上げ、
ボソボソッと粘りが少なく歯切れます。
素朴な小麦感のある麺です。
旭川ラーメンでは定番でもある、
(株)山加加藤ラーメン工場製とか。
麺量は体感150g程度。

具は岩のり、紀州南高梅、大根おろし、大葉です。
岩のり(黒バラ海苔)は大量。
そんなに強くはないけど、
磯風味が加わり箸が進みます。

紀州南高梅も大きい。
クエン酸が疲れた体に染みます。ク~ッ!
とても大きいので、
後半は酸味がややキツくなりましたが...

大根おろしは本当にサッパリとします。
岩のり&大根おろし、岩のり&南高梅
の組み合わせを楽しみます。
チャーシューやメンマはないのですが、
この一杯には不要です。

あっという間に完飲完食~。
どこかで食べたことがあるメニューですが、
疲れた体に染み入り、美味しかったです♪
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 5件

「からしめん 800円」@らーめん飛粋の写真丁寧に作られた一杯だったが、体調的には家系ではなかった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12478768946.html

6月中旬の昼前に訪問。
開店時の並び8名、帰りの待ち客。

出張ついでに時間休で、ラー活を。
都内の最近人気ランキング10位のこちらへ。
近くになり店のレビューを見ていたら、
家系であることが判明。
家系という気分では...
定刻2分前にオープンし、
その並びは8名でした。
あっ、帰りに撮ろうと思った
店外の写真を忘れた...

カウンター8席のこじんまりとした店内。
入って右手に券売機が有り。
少し辛そうなこちらをポチッとな。
食券を渡すとつつ、好みは全部普通でお願い。
バラとモモのチャーシューはモモをお願い。

店内は男性2名の体制。
主に若い男性店主さん?がご調理。
麺固にすると、必然的に早く着ラーするよね。
先客に少し先を越され、
開店から15分後、カウンター越しに着ラー。

それではスープから。
油のコクに適度な塩気、
適度に濃厚な豚骨に程好い辛味。
少々物足りなくも感じるのは、
補足された旨味が殆どないから?
韓国唐辛子は色の割に辛くはなく、ピリリ。
油脂分と豚骨スープで適度に濃厚です。

次に麺を。
麺は低加水のやや平たい太麺。
スープを適度に拾い、
良質な小麦の凝結感が有り。
美味しい麺ですね。
家系では本流と思われる、
酒井製麺の麺箱が高く積まれておりました。
麺量は体感150g程度。

具はチャーシュー、ほうれん草、海苔、ニラです。
モモチャーシューは
シトッと柔らかで肉々しくも有り。
ハーブのようなスモーキーな香りも有り、
美味しいですね~。
ほうれん草は新鮮な野菜感が有り。
海苔は麺に巻いてパクリ。
ニラのクセはこのスープによく合います。

卓上にはニンニク、生姜、
辛味の調味料が有り。
生姜と辛味をラーメンにイン。
特に生姜はフレッシュで爽やかな刺激。

あっという間に完食。
気分ではなかったけど、
丁寧に作られた家系との印象。
採点は体調不良+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件

「博多豚骨らーめん 500円 × チャックアイステーキ600円」@俺の飯の写真博多豚骨らーめんは美味しくて、更にこの値段で美味しいステーキも食べられるので、ラーメンの点数以上に大満足なお店だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12475170008.html

6月上旬の夜に訪問。先客後客0名。

この日は成田市のラーメン屋3件にフラれ、
途方に暮れていると知らないお店を発見。
場所は「麺や 福一」のお隣。
今年の4月2日にオープンしたそうです。
18時~翌朝6時迄までの営業だそう。

内装はシンプルにカウンター席のみ。
メニューは博多豚骨らーめんと
ステーキの2つにラーメントッピング等。
腹ペコだったので、ラーメンとステーキをお願い。
店内は若い男性店主さんお一人での切り盛り。

やや待って、まずはステーキが登場。
タレと肉の旨味が入り交じる香りが旨そう!

そして、ラーメンが到着。
それではスープから。
油脂のコクに適度なジャストな塩気、
仄かにニンニクが香りつつ、
シャバだけどミルキーさもある豚骨に
補足されてそうな旨味が加わり伸びていきます。
豚骨感とそれを支える旨味のバランスが絶妙なのか、
後を引くスープ。
旨いっすね~。

次に麺を。
麺は低加水の細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
幾分しなやかさも感じつつ、
パツッと歯切れも良し。
凝縮された小麦感があります。
ボイル加減はノーコールなので、普通でしょうか。
このくらいの方が
スープとの馴染みが良く、好きかも。

麺量は体感110g程度。
でも、細くて食べ応えのある麺だし、
ステーキもあるので十分な量です。
因みに、替え玉は100円です。

具はチャーシュー、紅生姜、白ゴマ、青ネギです。
バラチャーシューは脂身が多めですが、
サクッと歯切れ、極めの細やかさを感じる肉質。
ステーキとは違う肉質がいいです。
紅生姜の酸味や辛味は、
豚骨スープを引き立てるかのように、
とても合います。

卓上に紅生姜がないのは残念ですが、
辛子高菜は有りますので。
いつもは白ゴマなんか気にならないけど、
この日はゴマの香ばしさが
豚骨スープに良く合うことを確認。

卓上の辛子高菜をイン。
営業を開始して間もないけど、
辛子高菜の入れ物に補充は無く。
でも、客は俺だけなので、
複数の入れ物から入れることも可能なので満足。

ステーキのチャックアイとは、
和名で肩ロースのことみたい。
カットしづらく、肩ロースにしては
脂身は少な目ですが、
とても柔らかでタレと
入り交じった肉の旨味が濃いです。
なかなか噛みきれないので、
非常に食べ応えが有ります。
肉量については、
200gはあるでしょうか。
ファミレスやステーキ専門店の
最安商品より半値以下です。
食べづらい嫌いはあるけど、
肉の旨さから言ったら、激安!
付け合わせのコーンで和みます。

あっという間に完食~。
ラーメンもステーキも旨かった。
コスパもいいですね~。
駅近でお店の駐車場はないと思われ、
周辺のコイパも満車が多かったりするので、
可能な方は電車で行って、お酒を楽しんでは?
採点は新店+1、初レポ+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (5) | このお店へのレビュー: 1件

「とんこつらーめん 680円」@活龍 期間限定麺処 みつきの写真替え玉は無料なので、大食漢にはお得感のある一杯だった~!の巻

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12450814124.html

3月下旬の夜に訪問。先客11名、後客4名。

麺屋 必道」で食べた後、10分ほどのこちらへ。
3ヶ月毎にコンセプトが変わり、
3月1日~5月30日迄は、博多豚骨バリ龍が復活。
替え玉が食べ放題とは、大食いの方にはお得感が有り。
券売機でこちらをポチッとな。

お好きな席へどうぞとご案内。
4種から選べる麺の固さは、バリカタでお願いします。
店内は男性店主さん、接客の女性1名の体制。
少しして、着ラー。
それではスープから。
脂のコクにやや強めな適度な塩気、
臭みはないけど濃厚な豚骨が伸びていきます。
スープ量は少な目ですが、濃厚な豚骨スープです。

次に麺を。
麺は低加水の細ストレート麺。
濃厚な豚骨スープを束になって、
確りと拾い上げ、パツパツな食感。
バリカタですが、細麺が濃厚なスープを
よく拾い上げ、スープと麺の相性は良好。
麺量は連食なので多目に感じたけど、
実際は110g程度なのでしょうか?
ただ、スープ量は少な目な上、
麺による持ち上げもいいので、
替え玉は1回だけでスープが無くなりそうにも。
そうゆう時は、替えスープ100円が有りますので。

具はチャーシュー、キクラゲ、海苔、青ネギです。
バラチャーシューは、何やら味付けが秀逸。
ホロホロに崩れます。
キクラゲはコリコリで食感良好。
海苔は麺に巻いて、パクリ。

卓上の辛子高菜、紅生姜を大量にイン。
博多豚骨系は、これができるのがイイね。
辛子高菜は辛めでシャキシャキ。
麺に絡めて食が進みます。
紅生姜はサッパリ感で味覚がリニューアル。

あっという間に完食。
連食だし、博多豚骨にあまり惹きは感じない日でしたが、
流石に確りとしたラーメンでした。
替え玉無料は儲からんだろうし、
オペも乱れるでしょうけど、
3ヶ月の期間限定だから我慢できるのかと。
そのうち、替え玉数の記録で盛り上がるんだろうな。
採点は連食の影響+1。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (1) | このお店へのレビュー: 6件

「とんこつ 750円」@TOKYO豚骨BASE MADE by 博多一風堂 成田空港第2ターミナル店の写真ガッツリとニンニクの効いた豚骨スープは、ヴィーガンなお隣とは真逆のラーメンだった~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12423270438.html

11月下旬の週末、先客4名、後客8名。

急遽飛び込んできた、
ニューヨークへのフライト前にこちらへ。
すいません。言ってみたかっただけです...

ヴィーガンな一杯を食べた後、お隣のこちらへ。
入ると、カウンター席へご案内。
基本と思われるこちらを口頭でお願い。

少しして、ニンニクが香りつつ着ラー。
それでは、スープから。
控え目な油のコクに適度な塩気、
ニンニクがブワッと来て、
程好く乳化した豚骨が
旨味の補足も伴いながら伸びていきます。

最初からニンニクがこんなに効いた
博多豚骨な記憶にないかも。
豚骨のマイルド感はスポイルしていますが、
中毒性が感じられて好きかも。
提供時にも説明があったように、熱々です。

次に麺を。
麺は低加水の細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
固めな張りに小麦の凝結感のある味わい。
博多豚骨に定番の麺との印象。
一件目がヌードル的だったので、
余計、美味しく感じるかも。
麺量は体感120g程度。
連食には丁度良いです。

具はチャーシュー、キクラゲ、ネギです。
バラチャーシューは、
噛むほどに肉の旨味が感じられます。
キクラゲは麺に絡めて、コリコリ。

具材はやや寂しげですが、卓上の紅生姜、
辛子高菜、ニンニク片をクラッシュして投入。
辛子高菜は思ったより辛くて嬉しい。
元々、ニンニクがかなり効いているので、
クラッシュニンニクや紅生姜の効果は控え目か。

あっという間に完食。
ガッツリとニンニクの効いた博多豚骨でした。
お隣のお店とは真逆なラーメン。
こっちの方が好きです。
普通に考えたら値段はお高めですが、空港内ですから。
採点は新店+1、初レポ+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 1件

「ちゃんぽん 760円」@らぁめん家 めん王の写真ちゃんぽんが食べたい気分を満足させてくれる一杯だった~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらこら↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12421612160.html

11月下旬、夜に訪問。先客18名、後客4名。

久し振りにボクシングジムに来たので、
すぐ近くのこちらへ。
いつも、結構、賑わっています。
店内はWi-Fiも接続可。
入ると、空いているカウンター席へどうぞとご案内。
メニュー表の一枚目に記載のあった、
白いスープ系のこちらを口頭でお願い。
店内は男性店主さん、男女店員さん5名の体制。

少しして、洗面器のような一杯が到着。
それでは、どデカなレンゲでスープから。
適度な塩気にミルキーさもある円やかな豚骨に
野菜などの旨味&補足されてそうな旨味も加わり、
伸びていきます。
シャバライトな豚骨ですが、
豊富な具材の旨味が加わってか、
なかなか美味しいです。
このミルキーさは牛乳も
少しお使いなのでしょうか?

次に麺を。
麺は加水中程度の中太ストレート麺。
穏やかにスープを持ち上げ、
ツルッと丸みを感じつつ、
適度な張りと歯切れ。
麺の味わいは普通ですが、
ちゃんぽん系の麺との印象。
麺量は体感150~160g程度。
麺量は普通だけど、
同じくらい野菜の量が有りますので。

具は豚肉、キャベツ、モヤシ、ニンジン、
タケノコ、玉ネギ、ニラ、キクラゲ、
紅生姜...え~とです。
具材はよく火が通っており、クタシャキ。
特にキャベツ、モヤシが印象的。
イカゲソやエビなど魚介も欲しいところですが...
紅生姜は良いアクセント。
卓上に欲しいところですが...


卓上調味料で味変を。
酢は直接的な酸味が強くなりがちですが、酢は好きです。
ラー油はいいね。
スープに油気がないので、油のコクと
ピリッとした辛味とゴマの香りが加わります。
ブラックペッパーは味が引き締まります。
醤油はあまり合わなかったw。
ソースだと嬉しいかな。

あっという間に完食。
ちゃんぽんを食べたい気分だったので、美味しかったです。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (4) | このお店へのレビュー: 2件

「【気まぐれ】秋刀魚豚骨。 800円」@中華そば 飯村製作所の写真秋刀魚が薫る濃厚で基本レベルも高い一杯だった~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12410674579.html

10月上旬、夜に訪問。先客9名、後客2名。

10月6日~8日のみの提供メニュー狙い。
所謂、裏フェスです。
券売機左上に「秋刀魚豚骨。」の文字を発見。
右下の「気まぐれ」をポチリ。

セルフのお冷やを持ちつつ、カウンター席へ。
ヤンジャンを読んでいると、着ラー。
それではスープから。
香味油のコクにやや強めな適度な塩気、
焼いた鮮魚のような香ばしい秋刀魚が
鼻腔に香りつつ、仄かに酸味も感じながら、
濃厚豚骨が確りと下支えして伸びていきます。
ベースは濃厚ですが、秋刀魚の香りと風味は確り。
飲み進めると後味に苦味が強くなっていきます。
秋刀魚の肝のような、通な味わい。
美味しいですね~。

次に麺を。
麺は加水中程度の中細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
しなやかに引き込まれ
繊細さのある張りとコシ。
麺の味わいは上等。
こちらの自家製麺は本当に美味しいですね。

具はチャーシャー二種、
メンマ、青ネギです。
豚ロースチャーシャーは、
極め細やかな肉質で柔らか。
バラロールチャーシャーは、
外側からスモーキーなフレーバーでオッ!
レベルが高く、ボリューム的にも満足。
メンマはシナボリシャキな食感。

あっという間に完食。
秋刀魚が程好く感じられる濃厚な一杯でした。
麺や具材など基本レベルも高いです。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (8) | このお店へのレビュー: 26件

「ラーメン 770円」@なんでんかんでん 高円寺復活店の写真ここ30年間でのラーメンの進化振りを逆に感じさせる一杯だった~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12406456020.html

9月中旬、夜に訪問。
先外待ち客4名、帰り待ち客5名。

伝説のお店が復活!
食べたことがないので、興味津々です。
高円寺駅近くの商店街入り口に
ポップな色使いのお店を発見。
待っている間、お店の歴史を勉強。
川原ひろし社長はバブル真っ只中の1987年、
世田谷区の環状7号線沿いに豚骨ラーメン店
「なんでんかんでん」を開店。
お店は大繁盛で連日3時間待ちの大行列!
客単価が低いとされるラーメン業界で
最高年商は約5億円。
起業を目指す志願者が投資金を求め
プレゼンする番組「マネーの虎」に出演。
しかし、カリスマ社長と呼ばれていたのに、
2012年には全店舗が閉店に追い込まれ、
しくじり社長へと...


現在は通し営業ではなく、昼が15時までで、
夜は17時30分からの営業みたい。
15分ほどで半地下的な店内へご案内。
すると、川原社長がお出迎え!
壁に沢山掲示された、
社長の過去の活動写真でした。
お絞りが届きつつ、口頭でこちらをお願い。
麺の固さは普通で良いですか?ハイ...

店内は男性4名の体制。
独特な豚骨臭が漂います。
店員さんは、威勢の良い声がよく出ています。
「替え玉、入ります!」
「お願いします!!(ユニゾン)」
以前は数をさばくことに集中していたが、
今度は“徹底したおもてなし”を重視とか。
威勢が良くて気持ちがよいけど、
苦手な人がいるかもね...

壁には【なんでんかんでん9の伝説】が掲示。
伝説【1】東京人が初めて食べた豚骨ラーメン(諸説有り)
伝説【2】数百メートルに及ぶ大行列と
なんでんかんでん渋滞
伝説【3】110番が1日50回以上!
日本初の交番所付きラーメン店
もういいかなw


すぐに着ラー。
それでは、スープから。
厚い油のコクに適度な塩気、
ミドル濃度な豚骨が補足されてそうな
旨味と一緒に伸びていきます。
油脂感が強くて、豚骨濃度自体はそれほどでも無く。
でも、多少、中毒性は感じるでしょうか。
30年前に初めて豚骨を東京に持ち込んだ時は
インパクトがあったんでしょうね。
今となっては、さほど驚きはないのですが...
自社のスープ工場を構えたことで
フランチャイズ店として復活する準備が整ったとか。

次に麺を。
麺は低加水の細ストレート麺。
スープを束になって拾い、
麺肌に少し弾力を感じつつ、
パツッと歯切れます。
小麦の凝結感のある、
安定した博多麺との印象。
製麺室と書かれた部屋もあったので、
自家製麺なのでしょうか。
麺量は130gとのことで、
この日3食目には丁度良いボリュームです。
皆さん、替え玉を頼まれていましたね。

具は海苔、チャーシャー、キクラゲ、青ネギです。
海苔には「あなたもプリントのりで広告だしてみらんね?
問い合わせは、なんでんかんでんHP」
実はこちらが、食べる広告プリント海苔の世界初とか。
商売上手ですかね。
チャーシャーは意外にレア感のある肩ロース。
柔らかで美味しいです。
キクラゲはコリコリッとした食感で合います。

博多豚骨系で楽しみなのは、卓上トピ。
辛子高菜は、見える部分は壁にくっついているが、
量はほぼ残っておらず。
補充よろしくお願いします。
クラッシャーにんにくは、
器具に先客が潰したのが残っていて、ちょっと...
でも、ニンニクはパンチがアップするね~。
辛子高菜に紅生姜もよく合います。

あっという間に完食。
中毒性は少し感じましたが、
今となっては特筆すべきものは...
30年前と比べると、
ラーメンの進化や多様性の広がりは
比べ物にもならないのかなぁと。
お値段もちょっと、お高めに...
細部に渡る"おもてなし"も
宜しくお願いしたひ。
採点は復活+1。
ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (10) | このお店へのレビュー: 1件

「はなちゃんらーめん 600円」@とんかつ らーめん はな芳の写真サラッとした豚骨スープはなかなか美味しかった~!の巻。

写真が沢山のブログはこちらから↓
https://ameblo.jp/ktr-12345678/entry-12404866276.html

9月中旬、お昼に訪問。先客8名、後客1名。
 
平日のサラメシ。
小江戸を謳う佐原の町並みにありました。
以前、観光客多数で入店を断られました。
小料理屋的な店内。
とんかつとラーメンのお店です。
店名を冠したこちらを口頭でお願い。
店内は年輩のご夫婦で切り盛りとの印象。
阿吽の呼吸..ではなく、店主さんはイライラ。
なんでかなと思ったら、天板にとんかつ定食がドトッと。
奥に団体客が居るようです。
 
少し時間が掛かって、カウンター越しに着ラー。
それではスープから。
ほぼ油気はなく、適度な塩気にサラッとした豚骨が
程良い旨味を伴いながら伸びていきます。
あら、意外に美味しい。
とんかつ屋さんだと、豚骨も容易に入手が可能なのかしら。
本場の博多でもこうゆうタイプのお店がありそうなくらい。
 
次に麺を。
麺は多加水の細ストレート麺。
スープを束になって拾いつつ、
ヌルッと引き込まれて穏やかなコシ。
麺は博多的ではなく、町中華的。
ボイルが長めでちょっと..
でも、細いのでスープをよく拾ってきます。
麺量は体感150g程度。
細い麺は量的に少し多く感じられます。
 
具はチャーシュー、白髪ネギ、青ネギ、メンマ、紅生姜です。
チャーシューは煮豚バラチャーシュー。
普通サイズと小さいのが2キレ。
肉々しさもあり、普通に美味しいです。
 
白髪ネギは粗めの切り口でエグミが有り。
逆に豚骨スープのアクセントになっています。
メンマはコリシャキで食感良好。
紅生姜はもっと欲しいなぁ。
やはり豚骨は紅生姜が欲しくなるので、卓上に欲しいところ。
卓上の白胡椒やラー油などで味変。

あっと言う間に完食。
サラッと美味しい豚骨スープでした。
観光客で賑わうので立地はいいね。
採点は初レポ+1。
ご馳走様でした。

投稿 | コメント (7) | このお店へのレビュー: 1件