なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

GRT

平均点 87.143点
最終レビュー日 2019年8月14日
14 12 0 17
レビュー 店舗 スキ いいね

「しおらーめん」@らーめん 山頭火 新宿南口店の写真先日何気なくTV東京系の番組を観ていると、わざわざ地球の半周裏からわざわざ山頭火のラーメンを食うために来日した異邦人の企画が。そうだよね、此処は美味いから。
単身赴任先の名古屋にはお店が無い。今度帰宅したら食いに行きたいなと思いつつ、今日久しぶりに訪問。

すんなりと着席したが、その後は結構な行列になった模様。勿論しおらーめんをチョイス、程なく着丼。
う〜ん、やっぱ美味いね。若干縮れの細麺にクリーミーな独特の豚骨塩味。純粋な塩ラーメンとは明らかな異質。それからホロホロの頬肉チャーシューに木耳と小梅。昔から全然変わってないな。変わったのはお値段、ノーマルしおらーめんが910円とはびっくりする値上がり。まあ仕方ないか。今回はチャーシュー増しで1,120円也。

お隣に座ったカップルも外人さんで英語版メニューで説明されてオーダーしていた。ひと頃の人気からは陰りがあるらしいが、個人的には満足。
来て良かった。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「中華そば」@中華そば 高安の写真京都洛北の一乗寺は閑静な住宅地であると同時に、昔から学生の下宿街。そのせいか昔からラーメン店が多々、日本でも有数のラーメン激戦区として名高い。

急に思い立って、ちょうど単身赴任先の名古屋に遊びに来た子供達と京都へ。
墓参り後の昼飯に一度行ってみたかった「天天有」だったが、「どうせ行くなら高安に行きたい❗️」と多数決で却下。まあ「高安」も何年振りか?
昼飯時過ぎた14時頃到着。こんな時間でも10数人待ち、30分弱かんかん照り行列でやっと入店。すでにヘトヘト。(>_<)

夏休み期間だが、ガタイの良い学生風が多い。まあご飯のおかわりも凄まじいのに感心、暫し待ち着丼。
ノーマルの中華そば&唐揚げ。ここの唐揚げは独特のカレー風味で一個が巨大。
懐かしの中華そばは昔ながらの美味しさ。乳白色に濁ったクリーミーな豚骨・鶏ガラのスープは意外な位あっさり。若干カタメの極細麺にも良く合う。関西のチャーシューは独特、薄切りスライス。

京都に来られる皆さんにはお薦めのお店です。ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「令和記念: 特製味噌ラーメン」@横浜ラーメン 武蔵家 日吉店の写真お誘いを受け再訪、5/5・6限定の家系特製味噌。

11:00開店直前に着いたのだが既に行列。何とか一巡目に座れたが、その後はまた行列が。大分宣伝したんだろうな〜(笑)。“期間限定”とか“特製”って言葉に弱く、俺でさえ来てしまうんだもんね。
さて、それではその特製味噌を注文、通常のデフォ家系豚骨醤油に100円増し。
見た感じはデフォとあまり違いは感じられない。先ずは一口。うむむ…不思議な円やかさ。醤油豚骨を味合わせつつ味噌をブレンド?微妙なインパクトがある。ついついスープを飲み続けながら麺を。

まあこんな感じだったが、飽きが来た訳ではないけどちょっと、途中で段々口当たりがくどくなる様な。そんな感想。デフォと特製味噌と何方が良いかと言えば、その日の気分次第かな。
「いつまでこっちに居るの?じゃあ名古屋に帰る前にもう一回は大丈夫だよね。わはは〜!」と何時も明るいに〜ちゃん。この日もさり気なく味玉をサービスしてくれていた。

ご馳走様でした。また来るよ。(^^)v

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
80

「ラーメン」@ラーメン北郎の写真ご近所ながら、久々の訪問。

ラーメン小
野菜マシマシ
豚増し

写真を見て頂くと大体の感じがお解りかと。底に埋もれた麺を上手にかき出しながら、シャキシャキモヤシを。麺少なめだが結構なボリュームがある。
同行した子供は麺大盛だったが、さすがに年取るとそこまで張り合えないな(笑)。今回の組み合わせで充分過ぎる。

ご馳走様でした。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件
90

「しおらーめん」@風来居 新宿店の写真「風来居」

およそ8年振りの訪問。

「ただいま〜!」って大将にも挨拶したかったが残念ながら不在。でも懐かしい塩ラーメンは健在だった。
細いストレート麺に独特のクリーミー塩豚骨、それにチャーシュー。昔入り浸りだった頃の記憶が蘇って来た。敢えて言えば、結構高くなったな〜って思った事。それに気のせいかチャーシューの味が少々落ちた様な気も?でも美味しかった‼️

ご馳走様でした。(^_-)-☆

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@横浜ラーメン 武蔵家 日吉店の写真ずっと名古屋に単身赴任の生活。この超大型GWに横浜に帰宅、真っ先に来てしまった。\(^O^)/
普段名古屋に居ると、ふと食いたくなって夢にまで出て来るんだよね。念願叶って訪問。

「おお❗️おかえり〜‼️」
お店の元気なに〜ちゃん達も出迎えてくれる。
お決まりの麺硬・味濃目・油少で。しばし待つと着丼。見るとチャーシューたくさん&味玉が。「いっぱいサービスしといたよ〜。」わはは、素直に嬉しい。^-^)

名古屋でも「家系ラーメン」は食えるんだけど、どこか違うんだよね。敢えてお店の名前は出さないが、麺・スープ・チャーシュー等…それに店員の元気さが無い。武蔵家に来てみると、その差を凄く実感する。

さて普段は結構行列なのだが、さすがにGWでもありK応の学生もいないらしく、日吉も静かとか。麺をすすりながらに〜ちゃんと談笑。ご飯もお代わりして満腹。
「いつまで居るの?明日も来てね〜(笑)。」
はいはい、また来ます。(^^)v

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件
60

「ラーメン」@横浜家系 侍の写真地球最後の日に何が食いたいかと聞かれれば、俺は迷わず「家系ラーメン!」と(笑)。自宅横浜を離れ名古屋で単身赴任生活、最近夢にまで家系ラーメンが出るんだよね。^-^)

さて、此処は名古屋では珍しい家系のお店。ただし、厳密に言えば横浜でなく’東京本店系’の家系。地下鉄東山線藤が丘から数10mの電車高架下にあり、カウンター数席のこじんまりとした所。

数分で着丼。おおっ、見るからに懐かしい家系だ。
初訪問だがいつもの調子で麺硬目・味濃い目・油少な目で頼んだが…しかし味はめちゃ濃い。本場横浜の家系は味が軽くなったとよく聞くが、それとは逆向した濃厚ドロドロ感。ご飯はつかないとの事で、別に注文して海苔を浸しながら食う。
ロース系チャーシューはまずまずだが、気のせいか麺の湯切りは不充分、ホウレンソウはほぐしの足りない塊だし配慮に欠ける。

美味しかった。でも何かが違うな。
ラーメンDBで見るとなかなか評判も良いのだが、店員も元気がなく暗い雰囲気。横浜の家系の店員は、ガテン系のげんきなに〜ちゃんが多いのだが。ここで好評価出した奴らに日吉の武蔵家に連れて行ってやりたいね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ラーメン」@スガキヤ 長久手南ピアゴ店の写真単身赴任生活、此方に来て長くなるが。
「ん?未だすがきやのラーメン食った事が無い?それはいかんがね!」
仕事先で言われ、最寄のお店を教えてもらった。ちょうど夕刻、小腹の空く時間帯。

おばさんが忙しそうに行ったり来たりのお店。セルフサービス、取り敢えずデフォのラーメン320円を。
何だか都内で立ち食い蕎麦を食ってる様だったな。まあ座って一休みは出来たけどね。^-^)

まああっさり。ステンレス製のフォーク付レンゲが珍しい。量が少なかったのでおかわりしたかったけど、時間がないのでそそくさと退散。名古屋名物を1つ経験しました。^-^)

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「焼豚麺」@中華そば 真砂 長久手店の写真仕事の途中に信号待ち。何気なく横を見ると「真砂」。以前金山勤務の時に入り浸りだった真砂そばを連想。まさかな〜、こんな辺鄙な所に…って思っていた。愛知県下は車社会。しかし、こんな足場が悪い所で大丈夫なのかなと思いつつ。
今日のお昼時、何となく立ち寄って見た。

「いらっしゃいませ〜〜!」とにこやか元気な大将&奥様。
メニューを見ると、中華そばと焼豚麺(チャーシュー麺)、それからライスのみ。焼豚麺を選択。程なく付出しのお漬物が出る。この時点で、懐かしい金山の真砂そばだと確信した。

程なく着丼。
出汁の効いた甘酸っぱいしょうゆ味。縮れ細麺はそれを吸い上げて良い感じ。名古屋では炙りチャーシューが基本らしいが、此処はノーマル薄切りロースのホロホロ。後はメンマと多少のネギのみで極めてシンプル。
いや〜、美味かった。飛び込んでみて良かったぞ。

「ご馳走様。美味かったよ‼️」
「ありがとうございます〜〜‼️830万円です‼️」
「(千円札出して)はい、じゃあ1000万円ね。」
「はいはい、ではお釣り170万円です‼️」

あはは、このフレーズ。金山の愉快な老夫婦と同じだ。
聞いてみると、金山本家の息子さん夫婦。開店してまだ間もないとの事。ちょっとした昼飯でも来て良かったなと実感。
これからも頑張って繁盛して欲しいね。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「パイタンラーメン」@麺家 半蔵の写真口コミで聞いたお店だが、住宅地藤が丘では珍しく何時行っても行列でパス。今晩は悪天候でもあり、駅前は閑散。このお店も行列が無かったので入店。

話に聞いていた「パイタンラーメン」をオーダー。
カウンターに座って調理を見ていると、すごく丁寧に。混んでる時にこれでは回転率悪くて行列もやむを得ないだろうなと。10分少々で着丼。

お店の案内によると…
北海道三種ブランド小麦ブレンドと沖縄産天然塩の自家製麺。
豚骨・鶏ガラ・野菜ベース、国産カツオ・サバ・アゴ・羅臼昆布仕上げの濃厚スープ。

さてと、スープを。魚介系の風味が強い。煮干しも入ってるのかな?パイタンラーメンと言うからには濃厚のイメージがあったが、意外とあっさり口当たりは抜群。トッピングは多少炙りロースと、鶏チャーシューだが、ラーメンのアクセントを損なう事なくさっぱり。あとトッピングは細ねぎ・筍メンマ・レッドペッパー。
麺の湯切りが雑な感じなのが気になったが美味い。さすがに行列が出来る理由が解った。

スープも完飲。ご馳走様でした。こりゃお薦めのお店ですよ。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件