なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 
このレビューは移転前のものです。

「こってり (大)」@天下一品 木津川店の写真この日は車で枚方方面。所用先を出て国道1号を北に向かいます。「麺屋 たけ井 R1号店」の横を通りますが、16:00を回っており、もう昼の部終了の様子。本日は昼抜きのため、どこかないかと考えこちらを思いつきました。こちら「天下一品 木津川店」は、市内から離れたロードサイド店ですが、北白川本店、今出川店、九条店等と同じ古くからの直営店でした。初めて来たのは1980年代。今も変わってないかと推察します。

さて、仕切りのはっきりしない駐車場に車を停め、入店しますと先客2名様で超マッタリ。まあこの時間ですから。好きな所に着席し、注文を取りに来られたお兄さんに表題を発注。で、返す言葉で「ニンニクは?」と聞いてくれます。これですね。直系は聞いてくれます。以前、聞いてくれないFC店で「こってり大ニンニク。」と注文して、辛子ニンニク(新宿西口店等では壺に入っているやつ)をドーンと盛られて残念な思いをしたことがあります。直帰しますので「入りで。」とお願いします。

待つ事5分弱で写真の一杯が運ばれて参りました。疑いようのない天一のビジュアル。頂きますと熱々のスープ。さらに麺も熱い。不味い天一というのはスープがぬるく、変な粒子感が出て塩味だけが立つのが典型なのですが、こちら完璧です。もともとコッテリ系なので詳細を薀蓄するものでもないのですが、滑らかで旨味濃いように思えます。

具材のネギが、木津川超えた久御山のネギ畑から採ってきたといわんばかりのフレッシュさ。シャキッとクサ旨です。チャーシューはいつものペラいやつ。メンマは少々ながらコリッとしています。これら具材と頂く麺がまた絶妙の茹で加減。正方形断面のエッジの感触が残る固目、古き良き天一の麺の感じですね。昔に比べ加水率上がっているような気がしますが、この茹で加減は気に入りました。箸が止まらず、完食完汁であります。

最近の天下一品さんのHPには直営/FCの記述はないので判りませんが、やはり直系と思われるお店で頂くと旨いと思われます。個人的なお勧めは、本店、銀閣寺、今出川、九条、祇園。東京では神楽坂、意外と高円寺も良かったりしました。まあ中毒性高いのでどこかのお店に行くと思います。

ご馳走さまでした。

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

天一直営店でこってり、
イイっすね〜

二三郎 | 2015年7月8日 08:22

二三郎さん、有難うございます。
天一初めて食べたのは1977年でした。
学生時代は京都でしたので、天一のラーメンと王将の餃子で大きくなったようなものです。

東方来 | 2015年7月8日 12:34